営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

中古車購入でチェックしたい下見のポイント

中古車を購入するとき、インターネットで検索して目星をつけ、車の下見に行くことからはじまります。

 

でも、頻繁に中古車を購入していない方からすると、下見に行っても何をチェックすれば良いのかわからないことも多いはず。

 

そこで今回は、購入する前にどのようなポイントをチェックすれば良いのかを解説していきます。

 

1: 中古車選びは店選びから始まっています

中古車選びは車を選ぶことですが、実はお店の選び方で後々快適に車を運転できるのかが変わってきます。

 

(1)自宅から近い距離か

車に詳しい人や、自分で修理が出来てしまう人。近くに住む友人や知人の中に、車に詳しい人や修理工場を経営している人などがいる場合、インターネットで検索して気に入った車を写真だけで購入するのもありです。

 

しかし、一般的には自分で修理できる人は多くありませんし、都合良く知り合いに詳しい人や修理まで任せられる人がいることもありません。そこで大切になってくるのが、楽にお店に行けるかどうか。

 

中古車を購入した場合、後からメンテナンスや車検などが必要になりますので、簡単に車を持って行ける(相談できる)距離にあるお店を選んでおくと大変安心できます。

 

車やバイクなど乗り物は、できるだけ自宅から近いお店の方が便利なのは間違いありません。

 

(2)購入金額の表示はわかりやすいか

インターネットでも、お店に足を運んだときでも同じですが、中古車を購入するときの金額がわかりやすく表示されているかどうかもチェックポイントになります。

 

車は車両価格だけではなく諸費用がかかってきます。そのため購入金額には、明確に車両価格が表記され、諸費用がいくらくらいかかるのかが分かるようになっているお店ですと安心です。

 

契約するときに最終的な金額を見て「えっ!?こんなにかかるの?」と嫌なイメージを持つのは、せっかく楽しみしていた車を手に入れるときに相応しくありません。

 

最初からきちんと必要な金額が分かるようになっているお店は、最後まで気持ちよく購入できます。

 

(3)車の状態はわかりやすくなっているか

車検の残り年月や車の状態がわかりやすく表記されているかも確認しましょう。特に車検の残り年月が分かりづらくなっているところもあります。残り年月が少ないと、購入後すぐに車検を受けることになりますので、予想外の出費が必要になるケースもあります。

 

2: 車の前にまず対応を観察しよう

車を下見に行ったとき、車をチェックする前にスタッフやお店全体の対応・雰囲気を観察しましょう。これ、結構重要です。

 

(1)スタッフとは意思疎通がとれるか

中古車販売店のスタッフは、誰もがベテランではありません。当然車にめちゃくちゃ詳しいベテランもいれば、今年入ったばかりの新人もいます。

 

様々な経験値を持ったスタッフがいるお店の場合、いい店員を見分けなくてはいけません。では、どういったポイントを見ればいいのかというと。

 

意思疎通ができるかどうか

 

話が上手い人ではありません。一方的に話してくる人でもありません。大切なのは会話のキャッチボールができるかどうかです。

 

(2)お店の雰囲気は自分に合っているか

お店には「色」があります。建物の造り。展示場の車の置き方。スタッフの雰囲気。

 

すべてにおいて、自分に合っているかどうかを観察しましょう。お店によっては来店されるお客様の年齢と自分の年齢が大きく離れているところもあります。こうしたケースは、あとあと居心地が悪く感じることもあります。

 

(3)展示車はどんな状態か

展示車はキレイに洗車されているか。乗り降りして車内が見やすくなるように考えて置かれているか。こういったところを観察しましょう。

 

車と車に隙間がない状態で置かれている場合、車に近づくことができません。これは車をお客様に見せる気がない状態ですから、あまり好ましいお店とは言えません。

 

また、展示車が全体的に汚れたままになっているお店も、あまり期待できません。

 

(4)整備工場はあるか

整備工場はあった方が便利です。でも中古車販売をされているお店によっては工場をお持ちではないところもあります。

 

そういった場合は、整備工場を紹介してもらえるのか確認しておきましょう。

 

3: いよいよ車のチェック

それでは車のチェックポイントをお話ししていきます。

 

(1)マフラー部分をチェック

油断される部分です。マフラー部分は目に付きにくいので劣化していることもあります。穴が開きそうなくらいサビが出ているような車はおすすめできません。

 

マフラーの調子が良くないと燃費や走行に影響が出てきます。後から交換するという方法もありますが、マフラーは意外に高額な出費になりやすいので注意しておきましょう。

 

(2)ATのシフトをチェック

AT車の場合、できれば試乗してシフトレバーを動かした時の「ガクン」という衝撃をチェックしておきましょう。

 

衝撃の頻度が多く激しい場合は、故障の前兆である可能性が高いです。シフト関係は修理すると費用がかなりかかりますし、走行中の安全性にも関わりますので確認しておきたいポイントです。

 

(3)シートをチェック

シートに激しいヘタリが見られる場合は要注意です。

また、外装はキレイなのにシートの汚れが激しい場合は、見た目以上に車が酷使されている可能性が高くなります。

 

(4)見た目の隙間をチェック

フェンダーやバンパー、ライトまわりやリアトランクなど、車には「隙間」があります。

 

こういった隙間の部分が均一になっているか確認しましょう。部分的に隙間が広くなっている場合や、歪みが見える場合は修理されている可能性があります。

 

修理されていることが悪いことではありません。きちんと修理していることを伝えてくれているかを確認するためにもチェックしておきましょう。

 

(5)ボンネットをチェック

ボンネットを開けてみてください。スムーズに開くかどうかを確認しましょう。ギシギシ感があるとか、スムーズに開かない場合は車の歪みを疑いましょう。

 

また、ボンネットの内側が汚れている場合は、かなり酷使されメンテナンスもされていなかった可能性が高いため、じっくりと検討した方が良いです。

 

(6)パワーウィンドウをチェック

パワーウィンドウをはじめ、電装系がスムーズに動くのか確認しましょう。

 

  • パワーウィンドウ
  • エアコン
  • ワイパー
  • カーナビ
  • オーディオのスイッチ

 

上記箇所はチェックしたいポイントです。

 

(7)ドアの開閉をチェック

エンジンを掛けられない場合でも、一度は乗車してみてください。

そして、全てのドアがスムーズに開閉できるのかをチェックしましょう。

 

(8)ホイールをチェック

ホイールを見てください。部分的に傷がある。えぐれている。こういった場合、乱暴に扱われた車の可能性があります。

 

少しの傷は中古車の場合は仕方ありませんが、深い傷や大きな傷は要注意です。

 

(9)AIS評価書をチェック

第三者機関が中古車を検査する方法に「AIS(Automobile Inspection System)検査」というものがあります。

 

中古車販売店が費用を払って検査してもらい、評価書を発行することでお客様に正しく車の状態を知ってもらえる方法です。

 

AIS評価書を導入している販売店だと、かなり安心と信頼が高くなります。

 

4: 可能なら試乗しよう

中古車を購入するとき、販売店によって対応はまちまちですが、可能なら試乗してみましょう。

 

近くで良いので、実際に車を走らせると振動や使い勝手がわかります。特に振動や異音は走ってみないとわからないことも多いため、できるだけ「試乗したい」ことを伝えてみてください。

 

5: 忘れちゃいけない修理やメンテのこと

中古車だけではなく新車を購入した場合でも、車は定期的なメンテナンスが必要です。また、修理が必要になることもあります。

 

そういったとき、気軽に相談しメンテナンスや修理を依頼できる販売店なら安心です。販売店が修理工場を持っていなくても、紹介してもらえるのなら特に問題はありません。

 

一番困るのは、修理やメンテナンスを依頼できない販売店や、売ることだけに力を注いでいる販売店です。

 

必ず車検はあります。オイル交換やタイヤの交換、ワイパーゴムの交換は、快適で安全な運転を続けるために必要です。

 

メンテナンスと修理に関しては、お店選びで忘れないようにしておきましょう。

 

6: まとめ

中古車購入時の下見でチェックしておきたい内容をお話しました。

 

まずはスタッフ。そしてお店全体の雰囲気。いよいよ車。

 

まずは、この3つの順にチェックしておきましょう。この3つがチェックでき「良さそう」と感じたら、メンテナンスや修理に関する部分を聞いておきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です