営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

中古車の選び方の注意点とは?

車を購入しようと考えている方で中古車から選びたい。今回は、そんな方向けに中古車の選び方についてお話していきます。

 

中古車を選ぶとき、ポイントがわからないまま探していても、値段だけで決めてしまって後悔することもありますし、あれこれ悩みすぎていつまでも購入できないこともあります。

 

1: 中古車選びの注意点~基礎ポイント

中古車の選び方には注意するポイントや、知っておきたい基礎的なことがあります。

 

あなたが決めた予算範囲で、走る喜びや所有する喜び、家族と楽しむ喜びを実感できる。そんな車を選んでいただきたいと思います。

 

(1)人気度合い

車選びのとき、最初に決まるのが車種だと思います。

 

家族構成や、これからのライフイベントに合わせて

 

  • 今はまだ軽自動車でいい
  • 家族が増えるからミニバンにしたい
  • 通勤や買い物で使うからコンパクトカーがいい
  • アウトドアを楽しむことが増えたのでSUVが気になる

 

このように理想の車種が思い浮かんでくるはずです。

 

ここで中古車の場合ポイントになるのが人気度に比例した価格です。

 

新車の場合ですと、各メーカーで競合を比較した場合、おおよそ同じくらいの価格帯になります。違いは下取り金額やディーラーによる値引きくらい。

 

いっぽう中古車の場合、同じ車種でも人気が高いモデルと、そうでない車が存在します。

 

例えば国産中古車で扱いやすい2Lクラスのミニバンの場合、

 

  • ヴォクシー
  • ノア
  • セレナ

 

このあたりの車は人気が高いため価格も高めですが、ステップワゴンや(削除)少し古いモデルなら、同じクラスの車種でも価格が低くなります。

 

このように中古車を選ぶときには、どうしてもモデルにこだわりたいという場合は別にして、おおきなくくりで車種だけ決まっているなら、人気度の高い車を外して検討するのがお得な購入方法だと言えるでしょう。

 

また、運転しやすく使いやすいのに人気がない車種もありますので、そういった車を探して選ぶのもおすすめです。

 

(2)車の年式

車の年式も中古車選びに影響します。

 

これは単に年式が古い・新しいという部分だけではなく、同じ年式でもマイナーチェンジ前と後では、市場での人気度や価格帯が変わるからです。

 

そのためお得な中古車選びとしては、マイナーチャンジ前で走行距離が少なめのものがおすすめの場合があります。

こういった車の場合、価格が安くなっているにもかかわらず走行距離が少ないため、お安い状態の良い車を手にできる可能性が高くなります。

 

(3)走行距離

中古車選びで誰もが気になる「走行距離」。一般的な日本の家庭での使い方ですと、年間走行距離は多くて10,000km。平均は約8,000kmくらいです。

 

また、最近の車(国産や外車含めて)は、10万キロくらいまでは大きな故障は出にくくなっています。

 

このような要素から見ると、中古車の走行距離を判断するポイントは60,000kmを超えているかどうか。

 

60,000km以内の中古車なら、走行距離はあまり気にしなくても良いと私は思っています。どちらかというと、走行距離が60,000kmであっても適切な整備を受けていて状態の整った車の方が、走行距離30,000kmでメンテされていない車より、中古車としては良いものだと考えているからです。

 

確かに走行距離は判断しやすいポイントなので、誰もが気にされますが、それよりも

 

  • 消耗品の状態
  • 定期的な整備
  • タイヤやバッテリーの状態

 

こうした部分に注意してもらいたいと思います。これらは購入してから交換すると、値の張る部品や工賃になりやすいからです。

 

(4)グレードや装備

車にはグレードや装備がいろいろあります。

 

新車なら購入時に、自分の理想のものを選べますが中古車ではそうはいきません。そこで、中古車購入時には、

 

  • 上級グレード
  • 魅力的装備(メーカーオプション・ディーラーオプション)

 

この2つが付いている車を選ぶように意識しておきましょう。新車では上級グレードや魅力的な装備を付けると購入価格に大きな差が発生しますが、中古車の場合なら価格差は大きくなりません。

 

購入したい車種が決まれば、どのようなグレードや装備が新車時に販売されていたのかを調べておくようにしておきましょう。

 

(5)カラー

走っている車で見かけることが多い色は、白と黒です。次に銀が人気です。これは長年大きく変化していません。

 

そのため中古車市場でも、白・黒は価格も高めに設定されているケースが多いです。

 

ここで検討していただきたいのが、白・黒以外のカラーの車が好きかどうか。もし赤や青、緑、黄色などが好みなら、同じ車でも安く買える可能性が出てきます。

 

どうしても所有したい車種があるけれど、価格がちょっと難しい場合は、人気のカラーじゃない色を選んでみてください。

 

(6)修理履歴

修理履歴を確かめましょう。どの程度の修理を過去にしているのか。走ることに影響するのかどうか。

 

修理履歴があっても車そのものに影響のない修理も多々あります。しかし修理履歴があるからというだけで安くなっていることもありますので、ここは注意しておきたいポイントです。

 

最近では、AISという検査結果を中古車に提示しているところも増えています。AISとは第三者が中古車の状態を検査し、検査結果を書類にまとめわかりやすく判断できるようになっています。

 

中古車ごとにAISの結果を提示しているところなら、細かく車の状態がわかりますので、安心納得して購入することができるでしょう。

 

(7)車検の残りや劣化状態

中古車購入でのポイント。

 

  • 車検の残り期間
  • 消耗品の劣化状態

 

この2つは、後々の出費に影響します。

 

車検の残りが極端に短い車を選ぶと、購入時は安くても、すぐに車検がやってきて税金や整備費用がかかります。

 

タイヤやバッテリーなどは消耗しますので、消耗具合によっては購入後、比較的速く交換ということになると、これもまた大きな出費につながります。

 

必ず、車検の残り期間と消耗品の状態はチェックしておきましょう。

 

2: タイプ別に見るおすすめ中古車

タイプ別のおすすめ中古車をお話します。

 

どれを選べばいいのか迷ってしまった場合、参考にしてください。

 

(1)ハイブリッドカー

ガソリン+電気で走る車です。ハイブリッドカーは低燃費で静かです。ただし、積載量も少なくなります。買い物や二泊三日の旅行なら全く問題がありません。(削除)

 

低燃費で普段は買い物がメイン。たまに旅行で使いたい方に向いています。

 

(2)ミニバン

荷物が沢山詰めて、家族5人以上で移動する。広い室内がほしい。

 

こういった要望がある方はミニバンがおすすめです。

 

ミニバンは子育て中のママにも人気です。乗り降りしやすいスライドドアや、ベビーカーも簡単に詰める大きさが魅力なのだと思います。

 

(3)SUV

走行性能が高く、個性的なフォルムの車がほしい。さらにアウトドアにも出掛けられて、高級感もほしい。

 

こういったご要望ならSUVがおすすめです。特に外車のSUVは走行性能も高く、個性的でおしゃれな外観になっていますので、走るだけではなく所有する喜びも与えてくれます。

 

3: まとめ

中古車の選び方についてお話してきました。

 

最後にまとめますと、次のようなになります。

 

  • 走行距離は60,000~70.000km以内ならOK
  • 走行距離より整備の状態が重要
  • 安く買いたい場合は色や年式を外す
  • 修理履歴の確認とAISの結果がわかると安心
  • 消耗品の状態や車検の残り期間は要確認

 

まずは、これらをチェックいただくと、大きなハズレ中古車を購入して後悔することは、ほとんどなくなります。

 

ぜひ今回の内容を参考にして、あなたの理想の車を手に入れてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です