営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

MINI クロスオーバー(R60)のラゲージスペース(荷室)を徹底調査!

3回にわたり解説してきましたラゲージスペースシリーズ。第4回目は根強い人気のMINIクロスオーバーです。

比較的コンパクトで扱いやすいSUV車ですので、ラゲージスペースはあまり期待できないかもと思いつつ実寸を測定してみました。クロスオーバーご検討中の方で荷室の大きさが気になるという方必見です!

採寸方法

採寸はこれまでと同様の手法で実測しております。(写真をクリックすると拡大します)

 

 

 

 

クロスオーバーの荷室寸法

まずは基本となるトノカバーを付けた状態での採寸結果です。

 

クロスオーバーにはサブトランク的な荷室がトランク下部に備わっています。結構な深さがあり、幅、奥行きもたっぷりです。 タイヤ補修キット等は何も入っていませんが、起毛仕立てで高級感があり洗車セット等を入れておくには勿体ないスペースですので、日常使いで積極的に使いたいスペースです。

 

日帰りバーベキュー

さて、日帰りバーベキューセットを積んでみます。家族4人での想定です。

 

先ほどのサブトランクには折り畳みチェア3脚がすっぽりと入りました。

 

トノカバー有では写真のとおり積めましたが、全部は載せきれませんでした。

 

載せきれなかった荷物。。。

 

しかしながらトノカバーを外せば全部載せきれます。

 

トノカバーについて

トノカバーは単純な1つの構成となっていて、取り外し、取り付けはワンアクションで簡単にできます。トノカバーをトランク内に収めることも出来ました。

 

トノカバーを外した場合のトランクサイズになります。

 

トランク手前の窪み(ポケット)

トランク手前の窪みは残念ながらありません。

右側には12V電源ソケットが付いています。

 

 

後席スライディングシート

ここまでは通常の後席使用状態での採寸結果でしたが、MINIクロスオーバーの後席はなんとスライディングさせて荷室を拡大できる機能があります。カタログを見ても特に記載がないので見落としがちですが、何気に凄い機能です。

後席下のレバーを引きながらシートを引けば最大120mm荷室が拡大します!

 

 

ここまで前にするとレッグスペースが心配なところ。レッグスペースは280mmが160mmに縮小しますが何とか身長173cmの私でも座れるスペースは確保されています。

 

 

 

荷室(トランクルーム)最大サイズになります。

 

先ほど載せきれなかったバーベキューセットも後席スライディング機能を使えば、トノカバー有でもすんなりと収納できました!

 

 

 

ゴルフバッグ

左右に窪みがないので、長尺ものは苦手と思いつつ、ゴルフバッグを積んでみました。

結果として後席を通常にしておくと横にも斜めにも積めませんでした。

 

しかしながら後席をスライディングさせてトランク最大モードにすると

 

斜め置きで1本は載せられます。後席を倒さなくても良いのは助かりますね。

 

もちろん縦に積めば2本はらくらくです。

 

 

後席の倒れ方

さて後席ですが、40:20:40の3分割可倒式になっており、先ほどのゴルフバッグ2本を縦に積んだ際は右側40と中央20を倒しました。

ただ、倒すのにはトランク側からはスイッチが無く、後席を倒すにはいったん後席ドアを開けて座席の背に付いている紐を引く必要があります。

 

右側40%

 

右側40%+中央20%。

 

左40%+中央20%。

 

100%倒した場合。 やや傾斜が出来てしまい、フルフラットとは言えません。

 

中央20%だけ倒すとトランクスルー的にも使えます。

 

まとめ

測定値を表にしてみました。これまで調べてきた3車種とも比較できるようにしてあります。

特長としてトノカバー有で使おうとすると競合車中、最も小さなラゲージスペースしか確保できません。 トノカバーを外し、サブトランクも有効に使えば、GLAとほぼ同様なラゲージスペースとなります。(洗車セット等汚れものは自宅で保管して下さい)

そして後部座席をスライディングさせることで最大荷室モードにすると競合他車と遜色のない荷室スペースが確保できます。

MINIクロスオーバー(R60) Q2トランクサイズ X1 初代型トランクサイズ GLAトランクサイズ
後部座席スライディングOFF 後部座席スライディングON
トノカバー付けたままの状態
幅(mm) 1100 1100 990 950 1040
奥行(mm) 610 730 720 880 800
高さ(mm) 450 450 590 450 450
計算上の容積(L) 385 445 492 448 431
カタログ値(L) 350 350 405 420 421
トノカバー外した状態
幅(mm) 1100 1100 990 950 1040
奥行(mm) 610 730 720 880 800
高さ(mm) 760 760 830 740 710
計算上の容積(L) 593 694 663 691 591
カタログ値(L)
後席倒した状態
幅(mm) 1100 1100 990 950 1040
奥行(mm) 1460 1460 1530 1630 1630
高さ(mm) 760 760 680 840 710
計算上の容積(L) 1221 1221 1030 1301 1260
カタログ値(L) 1050 1350 1235
サブトランク
幅(mm) 1000 1000 770 740 670
奥行(mm) 490 490 700 730 650
高さ(mm) 170 170 110 50 110
計算上の容積(L) 83 83 59 27 48
カタログ値(L)
トランク左ポケット部
幅(mm) 300 330 260
奥行(mm) 150 140 70
高さ(mm) 195 420 120
計算上の容積(L) 9 19 2
トランク右ポケット部
幅(mm) 215 320 260
奥行(mm) 80 190 70
高さ(mm) 180 420 350
計算上の容積(L) 3 26 6

 

テールゲートについて

残念ながら電動テールゲートではありません。

跳ね上がった高さは結構高く、1980mmありました。

 

いかがでしたでしょうか。 競合車よりラゲージルームが小さいのは否めませんが後部座席の位置を調整させることで結構な容量を積めるMINIクロスオーバー。 ガソリンモデル、ディーゼルモデルとも同じ荷室サイズとなっております。

何より、ボディーの色が豊富でどれも鮮やかで魅力的なお車となっています。

マキオコーポレーションでも在庫車が常にありますので時々チェックしてみて下さいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です