営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

ボディカラー教えます!~フォルクスワーゲン編

お車を選ぶときにカラーで悩んだりしませんか?

デザインも重要ですが、カラーもお客様にとって選ぶポイントになるはずです。以前のBlogでBMWのカラーコードメルセデス・ベンツのカラーコードアウディのカラーコードをご紹介しましたが

今回は弊社で取り扱いのあるフォルクスワーゲンのティグアンのカラーコードについて解説していきます。

紹介する順番はカラーコードの番号順にしてあります♪

目次

カラーの基本

フォルクスワーゲンはカラーによって「メタリック」「パール」「ソリッド」の3つに分かれます。

メタリック=微細なアルミ片を混ぜて塗装されたもの

パール  =石の雲母(マイカ)を混ぜて塗装されたもの

ソリッド =何も混ぜずに塗装されたもの

各カラーコードの説明

チタンベージュメタリック  カラーコード 0N (LA1X)

 

 

チタンとは、Tiの元素記号で表される銀灰色の金属です。1790年にイギリスの海岸で新たな金属元素として発見され、5年後にドイツで鉱石中からチタン元素を見出しました。1910年、アメリカで純度99.9%のチタンの抽出に成功し商業化された比較的新しい金属で人にやさしい安全な金属です。

チタンの質感を生かしたベージュはとても綺麗なカラーですね。

 

 

ピュアホワイト  カラーコード 0Q (LC9A)

 

車の基本、ホワイトです。何も混ぜないソリッドカラーです。Pure=純白で美しいですね。丈夫な塗膜で紫外線劣化が少ないので長くクルマに乗りたい方にはおすすめのカラーです。また中古車市場でも一番人気の高いカラーでもあります。

オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト カラーコード 0R (L0K1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリックスは「アフリカやアラビア半島の砂漠や草原に生息するウシ科オリックス属の哺乳類の総称」です。

オリックスもキレイな白色をしていてそのイメージをしたと思われます♪

👇オリックス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトでもべったりした感じではなく、パールエフェクトという名前からもわかるように真珠のようにキラキラと輝く特別なホワイト色です。有償カラーです。でも真珠は混ぜてません。(高いですから!)前述したとおり、石の雲母(マイカ)を混ぜて真珠のような輝きを実現しています。

パールエフェクトとソリッドのホワイトの違いは次の写真で。左がピュアホワイト、右がオリックスホワイトマザーオブパールエフェクトです。

 

ワイルドチェリーメタリック カラーコード 2K (LA3T)

 

 

ワイルドチェリーは「西洋実桜」という意味です。

サクラのピンクではなく、アメリカンチェリーのイメージです(笑)

少し渋みのかかった赤色です!

受注生産カラーでもあります✨

👇セイヨウミザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディープブラックパールエフェクト カラーコード 2T (LC9X)

雲母を混ぜたパールエフェクトのブラックです。単純なソリッドのブラックではなく締まった中にもキラキラ感があるおしゃれなブラックです。洗車の手間を惜しまない方にはおススメのカラーです。

リフレックスシルバーメタリック カラーコード 8E (LA7W)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフレックスは英語で「反射する」という意味です。

光を反射するくらい輝くシルバーと言いたげです(笑)

ドルフィングレーメタリック         カラーコード B0

意味は調べてもわかりませんでした。。。イルカのグレーという解説する人もいますが、シックなグレーでこれもなかなか良いセンスをしたカラーだと思います。

 

キャンディホワイト  カラーコード B4 (LB9A)

 

 

キャンディは「キャンディ塗装」のキャンディからとっています。

キャンディ塗装とは、表面をシルバーで塗装した上に、色のついたクリアーカラーで重ね塗りすることを指します。

そうすることで下地の色を透けて見えるようになります!

メタリック系のホワイトにも見えます✨

 

カリビアンブルーメタリック カラーコード F9 (LD5J)

 

 

文字通りカリブ海をイメージしたブルーです。

カリブ海(に浮かぶ小さな島、セントマーチン島)

 

 

 

 

 

タングステンシルバーメタリック カラーコード K5 (LB7W)

 

タングステンは「原子番号74、元素記号W」スウェーデン語で「重い石」という意味で、銀灰色の非常に硬く重いレアメタルの一つです。

そこはかとなくグレーが入っているような色味をしています!単純なシルバーではないところがおしゃれですね。

👇タングステン

 

アトランティックブルーメタリック カラーコード H7  

 

アトランティックとは英語で「大西洋」という意味なります。

ギリシャ神話の巨人の神様、『アトラス』から“アトラスの海”、または伝説上の王国『アトランティス』から、“アトランティスの海”が語源とされています。

色味はネイビーに近い、深めのメタルブルーです。

大西洋の海をイメージしたのかもしれません。

👇大西洋

 

 

 

 

 

 

 

 

ラピスブルーメタリック          カラーコード L9

英語で表記するとLapiz Blue Metallic。 ラピス色とは瑠璃色のことです。(瑠璃(lapis lazuli)より)

やや紫みを帯びた鮮やかな青色になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ナイトシェードブルーメタリック  カラーコード V2

 

Night Shade=夜の影を意味します。夜に馴染むナイトシェードブルー。VWのカタログの表紙を飾る新型ティグアンのイメージカラーです!

 

シャドーブルーメタリック カラーコード LD5Q

 

 

 

Shadow Blue=陰影の青色、すなわち濃紺色となります。

ペッパーグレーメタリック カラーコード LD7R

 

 

Pepper=胡椒、スパイスのことです。シックで、いつまでもかっこよく長く乗れる色味ですね。 ティグアンのペッパーグレーは限定色でなかなか見つからない希少性があります。(写真のティグアンはロシアやスペインの中古車サイトでようやく見つけたものです)

 

 

 

 

 

 

 

マウンテングレーメタリック カラーコード LR7N

 

Mountain Gray=山色のグレー。

メルセデス・ベンツのカラーのブログにも登場したカラーです。

欧州人にとって山はこんなイメージを抱くのですね

少し青みがかったグレーで、とっても希少性の高いカラーです。写真はみんカラユーザーさんの投稿されたティグアンです。

 

キングスレッドメタリック      カラーコード P8

 

今年デビューした新型Golf GTIのイメージカラーでもあるキングスレッドメタリック。

鮮やかな赤ではありますが、わずかに黒が含まれているようにも見えて国産車ではなかなか表現できない赤です。

ナッツシェルブラウンメタリック カラーコード U3

 

 

Nuts Shell=ナッツ類の外殻のことを指します。 ナッツの外殻色のブラウンカラーということになります。

 

ナイトブルーメタリック カラーコード Z2 (LB5Z)

 

Night Blue=夜の青  先ほどのナイトシェードブルーより青が強いカラーです。

まとめ

質実剛健なイメージのフォルクスワーゲン。ブルーやグレーに数多くの種類があるのが印象的でした。ドイツ御三家やフランス車のカラーほど目立ちませんが、メタリックやパールエフェクトの手法を用いてシンプル&高質なカラーを演出しています。欧州人が長く乗っても飽きが来ないように考えられているのだと勝手に想像していまいました。

最後になりますが、よろしければマキオコーポレーションの在庫はこちらになりますので見て行って下さい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。