営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

中古車はディーラーで買う?販売店(専業店)で買う?メリットデメリットをお話します

中古車購入を検討されている方の多くが、ディーラーで購入するか中古車を専門に扱っている販売店で購入するか迷われることだと思います。

 

また、これは国民性なのかもしれませんが、ディーラー一択という方も中にはいらっしゃいます。

 

どちらが正解ということはありませんが、中古車購入を検討されているのなら、どちらにもメリットとデメリットがあることを理解し、あなたが納得できるところから購入することが大切です。

 

1: 中古車を扱うディーラーと販売店(専業店)の違い

中古車を扱う(販売する)お店には、大きく分けて2つのタイプがあります。

 

ひとつは、自動車メーカーの系列販売店が行っているディーラー。もうひとつは、中古車を仕入れてきて販売する販売店(専業店)。

 

ディーラーが中古車を販売する場合、多くのケースでは自社で下取りした車や展示車を販売しています。言うなれば、自分たちのお店が関わった(販売した)車を売っています。

 

対して販売店(専業店)の場合は、自社で下取りした車もあれば、オークションで仕入れてくることもあります。中古車販売店同士で車のやりとりがされることもあります。

 

必ずディーラーの中古車が自分たちのお店で購入された車だとは言えませんが、ディーラーの中古車の方が「どこからやってきたのか」が比較的明確になっていると言えます。

 

2: どちらも販売現場は強化しています

例えば、ディーラーでも中古車販売店(専業店)でも、インターネットを使って中古車情報を発信し、気軽に問い合わせできる体制を整えています。

 

展示場も最近は郊外に持つところが増え、広大な敷地に大展示場を用意し1000台近い車が見られるようになっているところも登場しています。

 

中古車販売という市場では、ディーラーの大規模店舗から、従来と同じくらいの規模の小規模店舗。ひとつの車のタイプに特化した店舗というように、バリエーションを増やしお客様に選んでもらいやすくする工夫がされています。

 

3: クチコミ評価を参考にしよう

ディーラーにしても販売店(専業店)にしてもネット上でクチコミを確認することが出来ます。クチコミ評価が高い=良いお店とは必ずしも限りませんが、一応の目安にはなるので確認するようにしましょう。

 

4: 中古車をディーラーで購入するメリットデメリット

中古車をディーラーで購入する場合のメリットとデメリットを見ていきます。

 

(1)状態が安定している

ディーラーで中古車を購入する場合のメリットとして多くの方がイメージされているのも、車の状態が安定していることでしょう。

 

ディーラーだからこそ、メーカーの信頼を出すためにも一定の品質を保った状態の車を選んで販売しているところが多いです。

 

(2)前オーナーを把握している

ディーラーの場合のメリット2つ目は、自社で下取りしていることから、中古車になった車のオーナーがどういった人なのかがわかることです。

 

  • どれくらいで整備していたのか
  • 年間走行はどれくらいだったのか
  • どういった目的で使っていたのか

 

(3)修理履歴もわかりやすい

前オーナーを把握しているということは、修理履歴も把握していることが多いです。

 

そのため、これまで車にどういった修理がされていたのかがわかります。

 

小さな擦り傷の修理だったのか、ドア交換をする必要があった修理なのか。

 

ひとこと「修理した車」と言っても程度によって判断は変わります。難しい判断に役立つ情報がわかりやすいのはメリットだと言えるでしょう。

 

(4)価格が高め

ディーラーで中古車を購入する場合、販売店と比較すると価格が高めになっているということが多いものです。

 

これを「信頼」と考え「安心料」と捉えるか、販売店の価格と比較して「高い」と捉えるかはあなた次第です。

 

価格を重要視して中古車を選んでおられるなら、デメリットになります。

 

(5)選択しづらい

ディーラーの場合、自分たちメーカーの車が多くなるため、様々な車を一度に見て選ぶことができません。

 

購入を考えている中古車のメーカーが決まっているのならデメリットにはなりませんが、決まっていないので見てから考えようという方にはデメリットになります。

 

(6)認定中古車で信頼度も高い

ディーラーで中古車を購入するとき「認定中古車」という車があります。これは、ディーラーが点検整備をした上で保証を付けて販売する「自信を持った」中古車と言えます。

 

これは販売店にはないメリットです。信頼性を最優先されるなら「認定中古車」はディーラーのメリットになります。

 

5: 中古車を販売店(専業店)で購入するメリットデメリット

販売店の場合のメリットとデメリットを見ていきます。

 

(1)価格が低い

ディーラーと比較すると、価格が低く設定されていることが多いです。希望の中古車を購入しやすくなりますのでメリットと言えます。

 

(2)選択肢が広い

ディーラーとは違い、様々なメーカーの車を選ぶことができます。大展示場を持っている販売店なら、気になる車をつぎつぎと見て確かめることができます。

 

中古車選びでメーカーが決まっていない方にはメリットです。

 

(3)コンディションの判断が難しい

中古車のコンディションがわかりづらいというデメリットがあります。

 

(4)修理履歴がわかりづらい

前オーナーがわかりづらく、修理履歴もわかりづらいというデメリットがあります。

 

(5)保証がまちまち

ディーラーと違い、販売店(専業店)によって保証内容がまちまちです。手厚い保証があるお店もあれば、売りっぱなしのお店もあります。ディーラーの保証体制と比較するとデメリットです。

 

(6)専門店ならメンテも安心

販売店(専業店)の中には、ひとつのタイプの車に特化して販売しているお店もあります。例えば、私たちマキオコーポレーションなら「外車SUV」に特化しています。

 

こういったタイプの販売店の場合ですと、あなたが外車SUVを購入されるなら、専門店ですからメンテナンスも安心して任せられますのでメリットになります。

 

(7)適正価格がわからない

販売店の場合、お店によって価格設定が違いますのでディーラーのように適正価格がわかりづらいという部分があります。

しかし最近ではネット上での価格比較が出来るので適正価格レベルの把握は可能です。

 

(8)AIS(Automobile Inspection System)導入販売店ならディーラーと同じ

販売店の中には(マキオコーポレーションもそうですが)AISという中古車検査評価基準を導入しているお店があります。

 

この評価は第三者企業によって、中古車の状態を正確に診断し、事故歴や修理履歴などをレポートとして発行しています。ちなみにディーラーの中古車もAIS診断しているところもあります。

 

AISの報告書類が添付されている中古車なら、ディーラーの認定中古車にもひけを取らない状態の車と言うことになります。

 

6: 中古車購入で後悔しないためのポイント

ディーラーでも販売店でも、中古車を購入して後悔しないためには、次の3つのポイントを理解しておきましょう。

 

(1)何よりも購入タイミング

  • 車検
  • 中古車を販売しているお店のキャンペーン
  • 型落ちになったタイミング

 

こういうタイミングで購入すると、後悔することが減ります。特に費用に関係してくるキャンペーンや型落ちになったタイミングは大切です。

 

(2)維持費を忘れないこと

車は持っているだけではなく走らせるツールです。そのため車を安全に走らせるための維持費についても考えておきましょう。

 

  • 車検
  • 整備
  • 燃料
  • 消耗品
  • 保険
  • 税金

 

本体価格だけではなく、維持に必要な費用も計算しておくと後悔することがありません。

 

(3)好みも大事だけどライフプランを優先

車選びのポイントは「乗りたい車を選ぶ」こと。

 

でも、ライフプランを見越して購入することで長く快適に乗り続けることが出来ます。

 

今はご夫婦二人だからクーペで良いかもしれませんが、近々お子さんを予定されているのなら、ちょっと大きくて広めのSUVの方が快適に過ごせる空間になると思います。

 

7: まとめ

中古車をどこで購入するのか。これは難しい問題です。でも、今回お話しました内容を参考にしていただくことで、あなたに適したお店で購入できるはずです。

 

  • 費用が安い方がいい
  • 特化したお店で購入したい

 

ということなら販売店がおすすめです。

 

中古車の信頼性に関しては、ディーラーなら認定中古車、販売店ならAIS。どちらかで判断してもらうことで、心配事はかなり軽減されていきます。

 

あなたに合った中古車はどちらで手に入るでしょうか。まずは費用、タイプ、ライフプランから考えてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です