営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

SUVとミニバンの違いと便利さとは?知っておくと選びやすいメリットデメリットを紹介

車を買い換えようと考えておられる方の中には、家族構成が変化したことでセダンやコンパクトカーでは使いづらい人もいらっしゃるかと思います。

 

そこでインターネットなどを使って車を探してみると目に付くのが次の2つのタイプではないでしょうか?

 

  • SUV
  • ミニバン

 

どちらもインターネットで目に付きやすい車ですし、街中でも見かけることの多いタイプです。

 

そのため、どちらかを選ぼうと考え出すと、どちらが自分たちにとって便利なのか。どういったメリットやデメリットがあるのか、選択するとき必要なことがわからなくなるという方もいらっしゃるようです。

 

そこで今回は、SUVとミニバンを選ぶとき参考にしてもらいたいメリットとデメリットについて解説していきます。

 

1: SUVとミニバンが持っているそれぞれの特徴を紹介

はじめにSUVとミニバンが持っている特徴を紹介しておきます。似たような使い方ができそうに思えるSUVとミニバンですが、それぞれに特徴が設定されています。

 

(1)SUVの特徴

SUVとは「Sport Utility Vehicle」の略でして、日本語に訳すと「スポーツ用多目的車」になります。

 

この言葉からも分かりますが、高い運動性能を持ちながらも、使えるシーンが多い車と言えます。

 

SUVの始まりは二大の部分に「シェル」という屋根になる部品をつけてステーションワゴンのようなかたちにしたのが始まりでベース車両の悪路の走破性、ステーションワゴンの居住性を兼ね備えた車です。

 

最近では海外をはじめ、日本でも人気が出てきている車種です。

 

(2)ミニバンの特徴

ミニバンという言葉からイメージすると、小さいバンという感覚になりますが実際は「3列シート」を備えた広い室内の車です。

 

この「ミニ」という言葉は、ボディサイズの大きさを指しているのではなく、海外で使われているバンよりも「小柄」なことが由来になっていると言われています。

 

一般的なミニバンは乗車定員が7名。モデルやグレードによっては8名まで同乗できる仕様もあります。最近のミニバンは室内のグレードも高く、荷物も多く積めることからファミリー層に人気があります。

 

2: SUVとミニバンそれぞれのメリットデメリット

SUVとミニバン、それぞれのメリットとデメリットをお話していきます。

 

2.1: SUVのメリットとデメリット

まずはSUVのメリットとデメリットからです。

(1)SUVのメリット

[1]ボディスタイル

SUVのメリットでインパクトが大きいのが「ボディスタイル」でしょう。各メーカーそれぞれ、かなり個性的なスタイルになっています。

また、海外SUVに多いですが鮮やかなカラーを使うことで、他との差別化に成功している車もあります。

基本的にSUVのボディスタイルはスポーティーに出来ていますので、都会で使ってもおしゃれに決まります。

 

[2]悪路走行性能

大きなタイヤと最低地上高の高さから、悪路走行性能が高くなっています。

そのため、整備されたアスファルトだけではなく、近年流行しているアウトドアスポーツや、キャンプ場などにも躊躇なく入っていくことができるでしょう。

 

[3]取り回しの良さ

程よいボディサイズと、運転席からの視点の高さによって取り回ししやすいのもメリットと言えます。

日本の道路事情や住宅事情を考えると、取り回しの良さは運転するストレスを軽減してくれます。また、車の大きさからみても傷つける可能性を下げてくれます。大きい車は、苦手と言う人にも安心して運転できるのもメリットだと言えます。

 

[4]荷物が積みやすい

ラゲッジスペースに荷物が積みやすくなっています。基本的にはハッチバックスタイルなのと、高めの車高によって荷物の積み下ろしのとき、身体への負担も少なくなります。

 

[5]乗り心地が良い

車種によりますが外車SUVの場合、ほとんどの車が室内装備も大変充実しています。

フレーム合成や足回りの作りから乗り心地もよくラグジュアリーな雰囲気と快適な乗り心地を楽しむことも出来ます。

スポーティーだけど、非日常な空間。これは気分を高めてくれます。

 

[6]動力を選びやすい

ガソリン、ディーゼル、ハイブリッドなど、ライフスタイルによって動力方法を選べるのもメリットです。

(2)SUVのデメリット

[1]スライドドアがない

SUVのデメリットとして大きなポイントは、スライドドアがないことです。

 

[2]多人数は同乗しづらい

5名くらいなら余裕を持って同乗できますが、7名8名となると難しくなります。

ただ、最近では3列シートのSUVも登場していますので、どうしても多人数の同乗が必要な場合は、こちらを検討されるのもおすすめです。

 

[3]機械式立体駐車場に入れないことも

車種によっては機械式立体駐車場に入れないこともあり駐車場を探すこともあると考えられます。

 

2.2: ミニバンのメリットとデメリット

続いてミニバンのメリットとデメリットを見ていきましょう。

(1)ミニバンのメリット

[1]3列シートで快適な室内空間

これがミニバン最大のメリットだと言えます。

一般的には7名乗車です。グレードや仕様によっては8名まで同乗できるタイプもあります。一緒に移動する人数が多いご家族なら、ミニバンは大変使いやすい車になります。

 

[2]豪華な内装

グレードによりますが、最近のミニバンの内容は大変豪華になっています。セカンドシートや足置きまで装備されているものもあります。

 

[3]5ナンバーもある

1.5リッターのミニバンもあります。ライフスタイルに合わせやすいのはうれしいメリットだと思います。

 

[4]車高が高いので車内の圧迫感が少ない

ミニバンは背が高いので、頭の上の空間に余裕ができます。そのため長時間の移動でも圧迫感が少なく、快適なまま移動を続けることができます。

 

[5]スライドドアで乗り降りが楽

小さなお子さんがいらっしゃるご家族なら、スライドドアを使った乗り降りは大変楽だと思います。ベビーカーも出し入れしやすいですし、お子さんをダッコしたまま、片手でドアを開け閉めできます。

(2)ミニバンのデメリット

[1]立体駐車場が使えない

SUV同様に車種によって機械式立体駐車場に入れない事もあります。

 

[2]悪路走行は難しい

最低地上高が低いので、悪路に入ると出られなくなる可能性があります。また、入ったことで車の下回りを擦ってしまうこともあります。

 

[3]小回りが利きにくい

ボディサイズが大きいため、小回りが利きにくくなります。

 

3: 広いラゲッジスペースが必要ならミニバン

  • 小さなお子さんがいらっしゃるご家庭
  • 多人数で移動することが多い
  • 広い室内が絶対に必要

 

こういった場合は、ミニバンを選ばれるのが良いでしょう。今のタイミングでは「走り」よりも「乗り降りのしやすさ」「室内の快適さ」を優先するのがおすすめです。

 

4: 3列シートSUVならファミリーでも楽しめる

  • お子さんが成長されたご家族
  • 4名くらいで移動することが多い
  • 快適な室内と、そこそこの積載があれば十分
  • キビキビとした走りがいい
  • 所有する喜びも感じたい

 

こういったご家庭ならSUVを選ばれると、楽しい車生活を送ることができるでしょう。

 

もし、5名以上同乗されるケースが多いのなら、3列シートのSUVを選ばれることで問題を解決することができます。

 

5: まとめ

SUVとミニバンは、使うシーンが似ています。そのためどちらを選ぶか悩むことが多いのですが、まずは家族構成とタイミングから考えてみて頂きたいと思います。

 

今のタイミングで「走り」が必要かどうか。何名同乗するのか。ここから検討してもらうと、選びやすくなるはずです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です