営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

BOSE サラウンド・サウンドシステム(AUDI Q3)!

以前、AUDI&VWのサウンドシステムについて記事にしました。その続編としてAUDI Q3に搭載されたBOSE サラウンド・システム(オプション装備)についても解説します。

2012年初代型AUDI Q3のオプション装備としてBOSE サラウンド・システムが搭載された在庫車がありましたので、その実力はいかほどなのかを検証してみました。(個人的にも大変興味があったので)

目次

BOSE サラウンド・サウンドシステムの概要

BOSE社とAUDIの共同開発による専用設計のオーディオシステムです。出力465ワットの10チャンネルアンプと14個の高性能スピーカーを搭載しています。

5.1チャンネルサラウンド・サウンドシステムにより、各座席において、あたかも360度音源に囲まれるような臨場感を味わうことができます。

5.1チャンネルとはもともとは劇場用の立体音響をDVDに盛り込むときに業界標準として策定されたのがはじまりで、スピーカーは前方方向に2本とセンターに1本、後方に2本、さらに重低音専用のサブウーハーで構成されます。センターと後方にスピーカーが加わることで、サウンドの広がりを感じられるのが特長です。

さらに、スピーカーの周りに備えられたLEDライトが車内を淡く照らします。

スピーカー位置

14個のスピーカー位置は下記の通りです。

BOSE サラウンドサウンドシステムスピーカー位置配置図
1個
(ダッシュボード)
3個 3個
(助手席) (運転席)
2個 2個
(後部左) (後部右)
1個 1個
(後部ヘッドレスト奥) (後部ヘッドレスト奥)
1個
(トランク下)
*合計14スピーカー

 

フロント部スピーカー写真

ウーハー(低音域)

 

フロント部スコーカー(中音域)

 

フロント部ツイーター(高音域)

 

センタースピーカー(サラウンド用)

 

リア部スピーカー写真

ウーハー(低音、中音域)

 

ツイーター(高音域)

 

サラウンドスピーカー

 

サブウーハー(トランク内、重低音域)

 

音質調整

音質調整はサラウンド効果、バランス/フェーダー、低音、高音の4項目で調整可能です。

DSP[BOSE] サラウンド調整

 

 

バランス/フェーダー

 

低音

 

高音

 

音質チェック

チェックにはCDを使用しました。Midnight Rendezvousという曲を選択。

ベースラインが気持ち良さそうに弾いているのが印象的な曲です。著作権上一部しかお伝え出来ませんが、聴いてみてください。

今回のCDについて

カシオペアというフュージョンバンドの1982年収録のライブ盤Mint Jamsです。40年前の録音とは思えないCDです。アナログLP盤はメルカリで6000円くらいで取引されている名盤です。もちろんAmazon MusicやApple Musicでも聴くことが可能です。

 

 

まとめ

BOSEとの共同開発だけあり、十分音の良さが確認出来ました。当時のオプション料金は100,000円ですが、このレベルで100,000円は相当お安いと感じました。

BOSEは後付け出来ないので、このオプションが装備されているクルマを探すのも良いでしょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。