営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

BMW X1 ACC(アクティブクルーズコントロール)について解説します!

今回はACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)について解説します。

目次

ACCとは

アクセルとブレーキ操作を自動で行う運転支援システムで、最近では「NEXCO」や「JAF」でも高速道路等での渋滞緩和事故の軽減のため使用を推奨していて、燃費の向上にも繋がる便利な機能ですので、積極的に使いたいところです。

今回はBMW X1(F48)を使用して解説していきます。

BMW X1(F48)のACCはアクティブ・クルーズ・コントロールと呼ばれ、フロントガラス上部に組み込まれたカメラで前方車との距離や白線を感知し、車載コンピュータでアクセル、ブレーキを制御するシステムです。

 

ACCの操作方法

まずはACCの操作方法につき約2分ほどの動画にまとめました。

ストップ&ゴー機能

BMWではACCは「アクティブ・クルーズコントロール」と言い、X1ではストップ&ゴー機能付きとなっています。

ストップ&ゴー機能とは渋滞時追従機能とも呼ばれ、休日の高速道路にはつきものの渋滞・ノロノロ運転時にもアクセルを踏んだり、ブレーキを踏むことなく自動で車がアクセルやブレーキ操作してくれる機能で運転者の疲労軽減燃費の向上に大いに貢献します。

実際のところどんな感じかを動画にまとめてみました。(約1分)

ACC設定時の右足の置き場

ACCを設定するとノーアクセル&ノーブレーキで運転出来てしまう訳ですが、右足の置き場は筆者の場合、ブレーキ前の床ですね。右足フットレストがそのうち開発されるかもしれません。

 

まとめ

ACCの解説はいかがでしたでしょうか?

ACCに慣れている方ならバイパス等、見通しのよい一般道でも使用できる機能です。    

初めての方は高速道路など信号の無い道路で練習し、ACC特有のくせを体得することをお勧めします。やはり機械ですので、ACCには限界があることも事実です。あくまでも運転支援システムですので、最終的には運転者の判断が必要であり、いつでもブレーキが踏めるようにしてください。

運転支援システムを上手に使い楽しいドライブを!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。