車お探し専門店はこちら

ホーム  >   スタッフブログ

スタッフブログ

横浜でBMWのカーセンサー認定取得率No1!

2018年01月22日

皆さまこんにちは矢田でございます。

当店では在庫する車両は全てカーセンサー認定を取得しております。

理由は以前にもご紹介したAISの検査員による

信頼性の高い認定であること!!

IMG_8972

信頼性が高いからこそ皆様に安心がお届けできると考えております♪

そして当店ではその取得率、取得速度にもこだわっております!!

一日でも、一時間でも早く皆様に安心できるおクルマ選びが出来るよう

出せる情報を最短で公開していくよう心掛けております。

そういったこだわりが必ず皆様のお車選びの

お役に立てると信じて今日も最短でカーセンサー認定を取得しております!!

廃車したいけど・・・・やり方がわからない。

2018年01月18日

皆様こんにちは、矢田でございます。

愛車を買い替える際、現在の愛車は下取り可能なのか?

それとも廃車なのか?って悩んだことはありませんか?

下取りなら手続きも車屋さんがやってくれるので良いのですが、

廃車となると色々面倒そう・・・という方も多いのではないでしょうか?

21122212111

そこで今回は廃車の場合のご案内です。

「中古で買ってもう10年以上乗っているし、廃車だよね?」

「廃車の手続きはいくらくらいかかるの?」

というお言葉を良く頂戴します。

でも、ちょっと待ってください!!

クルマの価値を決める指標の一翼を担うのは需要です!!

需要があれば古かったり傷が多かったり、

はたまた走行距離が多くても金額が付いて買い取れることもあるのです。

「でもうちのクルマ・・・・ネットや雑誌でももっと綺麗なものが5万円とかで

売られているよ?」という方、確かに、国内ではそうかもしれませんが、

意外や意外なクルマが海外で人気だったりします。

積載性に優れたモデルや乗車定員の多い車両などは発展途上国に、

一部マニアが好む車が欧州で人気があったりなど

コチラの市場価値とはズレがあるのも事実です。

そこで当店ではそういった情報にも目を通し、

適正な価格で買い取れるよう尽力しております。

更に、万一廃車になってしまうという場合でも

手続きの費用や車両の引き取りに費用は発生致しません!!

maxresdefault

「手続きが面倒そうだな・・・・」とか

「引き取り業者を段取りしたり、手続きをする時間がない!」

又は「大切な愛車を廃車にするのにお金まで払うのは嫌だな」という方!

是非、お気軽に当店にご相談ください!!

ショールーム

2018年01月16日

こんにちは、山本です。

ここ最近、本当に寒い日々が続いてますね。

路面が凍結している事が多くなりますのでスリップ等にお気をつけ下さい。

もちろん皆さんこの時期はなるべく室内にいたいと思います。

ですが、車屋さんで希望の車を見る時ってたいがい、

分かりました!コチラです!といって外に連れていかれ

外で車を見るということが多くあるのが現実です。

正直言って、この寒い中外で車の傷はこことここと・・・

なんて説明聞いている余裕がありません(=_=)

IMG_5098[1]

しっかり見るべきところを見て頂いて

本当に気に入ったお車を購入していただきたいため、

当店は室内のショールームにお車をご用意させていただいております。

雨の日も雪の日も夏ならばエアコンを利かせ涼しい場所で

ごゆっくりご覧頂けるショールームとなっております☺

IMG_5104[1]

今の季節はストーブとエアコン暖房の両刀使いです。

やはり寒さには敵いませんね(@_@)

 

クルマの個人情報 

2018年01月15日

皆様こんにちは矢田でございます。

本日は見落とされがちな、おクルマに残る

個人情報のお取り扱いについてご説明いたします。

c9c08a35f388207f475a2bf7ad9253bd

登録やご契約における個人情報のお取り扱いは

説明している店舗も多いですが、当店では上記に加え、

車両に付属する点検記録簿の個人情報も

切り取ったり消したりと的確に処理を施しております。

更に、おクルマに残る個人情報として、

t02200165_0640048010460236982

ナビゲーションに残るご自宅や、検索履歴、

モデルによっては走行軌跡等、消去出来るものは

全て消去しております。

HDDナビのミュージックサーバー内に残るお音楽データも

一部機種やモデルによっては出来ないものも存在しておりますが

消去しております。

皆さまが安心してお車をお預け頂けるよう

細心の注意を払っております。

税金詳細!

2018年01月12日

こんにちは、山本です!

本日は自動車購入の際にかかる税金等の詳細についてお話しさせて頂きます。

理解しておくと見積りを見た際に、よく分からないお金が発生するのを防げます。

money_zeikin

自動車税・自動車重量税・自動車取得税・自賠責保険の4点のご説明を致します☺

「自動車税」

4月1日時点の所有者に課税されるものです。

排気量によって税額が決定され、排気量が大きい車ほど納税金額が高くなります!!

全く乗っていなくてもナンバーが登録されている限り、納税義務が発生致します。

お車購入の際には、購入した月から年度末までの月割り分の自動車税がかかります。

月によって納める額が違いますのでご注意ください。

「自動車重量税」

新車登録時、車検の際に課税されるものです。

名前の通り、重量に比例して納税金額も高くなります。

また、排気ガスの区分や経過年数等の条件によっても税額が変わってきます。

中古車購入の際、車検が残っている車両の場合にはかかりません。

「自動車税取得税」

これは新車時の取得価額に経過年数に応じた残価率をかけて算出されています。

例外もありますが、基本的に高額車両であって初度登録が6年以内のものであるとかかる可能性があります。

これに該当しない車両であるときの取得税は0円ですので、

初度登録から8年経っているのに取得税が見積もりの中に入っていたらおかしいかもと今一度お考えください。

「自賠責保険」

自賠責保険の保険料は、車検の際に次の車検まえでの期間分の保険料を払います。

車検が残っている中古車を購入した場合は、すでに保険料は支払われていることになりますが、

「自賠責保険未経過相当額」の保険料が発生致します。

当店はクリアで無駄のない見積もりを提示させて頂いており、過剰や不要な請求をしておりません。

日本一明確な見積もりであると自負しております。

IMG_5056[1]

自動車税等の一覧早見表もご用意しておりますので、

不安な方はお気軽にご相談ください。