車お探し専門店はこちら

ホーム  >  スタッフブログ  >  CT200hのドアスイッチ

スタッフブログ

CT200hのドアスイッチ

2015年07月2日

皆様こんにちは、矢田でございます。

レクサスのボトムレンジとなる

ハイブリッド専用車CT200h

le02

人気車種であるプリウスをレクサスの

基準で作り上げた1台として

高い人気となっていますが・・・・

このCT200hの初期モデルに

ちょっと気になるトラブルが・・・・。

t02200165_0640048011739560004

走行中にも関わらずこんなメッセージが出てしまう・・・。

もちろん走行中なんでキーが車内にあるのは

当然なんですが・・・・。

これ、一度鳴り出すとうるさい上に

ドンドンとアラームの間隔が早くなるという

厄介なもの。

ID19-20L

原因はこちらのドアスイッチのようで

極々初期のモデル(23年初春頃)にちょくちょく聞くトラブルなんですが、

このトラブルの最も怖いところでは、

スマーキーでは起こりにくい「インロック」を起こす確立が

非常に高いことです。

通常は車内にキーがあれば先ほどにように警告がでて

ロックをしないようになっているのですが・・・・

スイッチが故障していると上記のトラブルの逆もまたしかりで

インロックもおこります。

しかしこのトラブルはリコールにはなっておりませんので

初期モデルのCT200hをご検討されている方は注意が必要です。

ご不安な場合は是非当店にご相談下さいね♪

それでは本日はこの辺で