車お探し専門店はこちら

ホーム  >  スタッフブログ  >  純正カーナビ顧客満足度調査

スタッフブログ

純正カーナビ顧客満足度調査

2014年10月20日

ブログをご覧の皆様こんにちは、

矢田でございます。

J.Dパワーアジア・パシフィックは16日、自動車メーカー

の純正ナビゲーションシステムの顧客満足度調査の結果を発表しました。

772387

この結果によると

レクサスは総合評価こそわずかに下がったものの

3年連続の1位を獲得したようです。

3年連続ということは旧フォーマットのナビゲーションの

時から1位ということになります。

772390

レクサスの純正ナビゲーションがいかに

優れているかの証明とも言えそうです。

画像 1139026305

確かに目的地の設定なども直感的な作業性にも優れていて

初めてでも扱いやすい仕様になっていたと思います。

あえてウィークポイントをあげるなら、

エアコンの設定を画面を開かなくても

全ての操作が行えるようにして

もらえると更に良いなと感じます。

オーディオパネルの各ボタンが日本語表記なのも

ユーザー層を考えると視覚的に情報が入ってくるので

良い部分だと思います。21年よりオプションで

日本語/英語の表記が選べるのも幅が出来て

嬉しいところです。

デザイン性としてはBMWのI-DRIVEなど

登場時は非常に先進的で個性的でしたが

操作性は非常に疑問の残るものでした。

初期のロータリーコマンダーのみでメニューボタンすら

無かったE657シリーズ初期モデルのI-DRIVEなど

慣れるまでは四苦八苦した思い出があります。

レクサスでは現行フォーマットより

固定式のマウスのようなコマンダーを採用

しておりますが、コチラは概ね操作性も

好評で今回の1位防衛に一役買っているようですね。

今後の純正ナビは純正ならではの

テレマティクスの充実やスマートフォンとの

連携、連動の拡張性などが

明暗を分けるポイントとなりそうです。

インテリジェンスでラグジュアリー、

レクサスらしい進化が期待されます。

まだまだ自動車の可能性は広がっています

次の一歩どんな技術になるのか、

非常に楽しみですね、では本日はこの辺でSee you again