車お探し専門店はこちら

ホーム  >  スタッフブログ  >  セルモーター戻り不良

スタッフブログ

セルモーター戻り不良

2015年05月21日

皆さんこんにちは、矢田でございます。

レクサスのV6系車種に

時々起こるトラブルで、

エンジン始動直後に

ギューっというような

音が出る車両があります。

画像 1139025783 

ISやGSのV6モデル、車両に起こりやすい

トラブルのようですが、

コチラの原因はエンジンスターター、

所謂セルモーターが原因のようです。

20120710_218e96 

セルモーターは本来スタートスイッチを押すと

スターターギアが飛び出してエンジンを始動するのですが、

 画像 1139026917

この飛び出したギアはエンジンの始動により

弾かれることで引っ込むわけですが・・・・。

稀に引っ込まない子がいるんですね、

というか戻りが遅い子というのでしょうか(笑)

すると戻らないセルモータのギアが半絡みに

なり冒頭のギューッという音をだすのです。

音が出てしまうとセルモーター交換となってしましますが

放っておくといずれギアの歯が無くなったりして

始動に不能になりかねないので鳴り出してしまったら

早めの交換をオススメ致します。

 セルモーターの交換はおよそ5万円~6万円ほど

でも当店ならリビルト品での交換も可能です!

リビルト品なら上記の2/3程度の費用で完了します。

リビルト品ならパーツ代がおよそ2万円~3万円ほど

コレに工賃を合わせるとおよそ3万円~4万円くらいで

完了しますので非常にお得になります!!